2017年12月19日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

原子力の自主的安全向上へ、業界横断で課題議論

2017/12/08  1面 

◆電事連などが新組織検討、広報機能の充実も
 原子力業界で原子力の安全性向上を巡り、特定テーマの解決を図ったり、規制機関との対話強化を目的とした業界横断的な組織・機能の新設が検討されている。これまで各組織に分散していた知見・人材などのリソースを集結させ、事業者、メーカー、関係機関が足並みをそろえて安全性を高める取り組みを推進する。広報機能の一層の充実も目指す。検討を主導する電気事業連合会は、米国の先進事例を活用しつつ、今後さらに詳細を詰める。
 新たに立ち上げる組織・機能に求められるのが、業界横断的な共通課題の検討だ。規制機関からの要求があった場合、経済性、実現可能性などを踏まえ、業界全体の意見を「技術リポート」として取りまとめる。これを基に規制機関との対話に臨む仕組みだ。リポートは一般にも公開し、透明性を確保するとともに評価を自らの取り組みの改善につなげる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事