2017年12月19日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

沖縄電力、ESP事業で新会社/東京都市サービスと共同で

2017/12/07  1面 

握手を交わす(左から)東京都市サービスの福嶋社長、沖縄電力の大嶺社長、新会社の社長を務める沖縄電力の本永副社長(6日、那覇市内)
握手を交わす(左から)東京都市サービスの福嶋社長、沖縄電力の大嶺社長、新会社の社長を務める沖縄電力の本永副社長(6日、那覇市内)
◆県内ニーズに対応
 沖縄電力は6日、東京都市サービス(東京都中央区、福嶋岳夫社長)と共同で、エネルギーサービスプロバイダー(ESP)事業会社を設立したと発表した。沖縄電力の営業力と、ESP事業の実績を持つ東京都市サービスの技術力を合わせ、エネルギー需要が高まる沖縄県で需要家のニーズに応えていく。沖縄電力は、ESP事業に参入することになる。
 新会社の名前は「リライアンスエナジー沖縄」で、1日に沖縄県浦添市に設立した。出資比率は沖縄電力が66.6%で、東京都市サービスが33.4%。資本金は1億円。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事