2017年12月19日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

フォト

[旬景]炊きたて「青天の霹靂」/日本原燃が社食で提供

2017/12/06  1面 

食堂利用者に一口サイズの塩むすびを手渡す「ミス・クリーンライスあおもり」の立崎さん
食堂利用者に一口サイズの塩むすびを手渡す「ミス・クリーンライスあおもり」の立崎さん
◆最高ランク「特A」の青森県産米
 県産初の「特A米」が、社員食堂に登場――。
 日本原燃は4日から、2015年に青森産米として初めて日本穀物検定協会の食味ランキングで最高の特Aを獲得した「青天の霹靂」を、青森県六ケ所村の社員食堂で提供し始めた。
 事務本館、再処理事務所、濃縮・埋設事務所の各食堂で、青天の霹靂を使用した塩むすびを1日計100個、70円で販売。今週と来年1~3月の第2週の平日に定期的に提供する予定だ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事