2017年12月18日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

大飯・玄海、再稼働は約2ヵ月遅れに/神鋼データ改ざん問題で

2017/12/01  1面 

◆自主調査に時間
 関西電力と九州電力は30日、それぞれ大飯発電所3、4号機と玄海原子力発電所3、4号機の使用前検査申請書の記載内容を変更し、原子力規制委員会に提出したと発表した。神戸製鋼所による製品データ改ざん問題を踏まえ、自主的な適合性確認に時間を要していることが要因。4基とも従来の行程よりも約2カ月後ろ倒しとなる。
 関電はこれまで大飯3号機の原子炉起動・並列時期を来年1月中旬、同4号機は来年3月中旬としていたが、変更後はそれぞれ来年3月中旬、来年5月中旬となる見込み。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事