2017年12月17日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

関西電力グループ、ミャンマーでコンサル受託/基幹系統整備に参画

2017/11/24  3面 

 関西電力、ニュージェック(大阪市、森本浩社長)は21日、ミャンマーの電力・エネルギー省から、全国基幹送変電設備整備事業に関するコンサルタント業務を受託したと発表した。ミャンマー南部の最大需要地であるヤンゴン地域への送電容量の増加と、電力供給の信頼度向上を目指し、50万V基幹送電線と2カ所の変電所を新設するプロジェクトが対象。12月から両社の社員を現地に派遣し、2022年8月まで、送変電設備の増強のための基本・詳細設計、入札図書の作成・入札審査、契約交渉補助、施工管理などを行う。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事