2017年12月17日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

規制庁、女川2審査加速へ専任チーム設置

2017/11/24  1面 

◆BWR担当を拡充
 原子力規制庁は、東北電力女川原子力発電所2号機のプラント側審査を集中して行う専任チームを組織した。女川2号機は、8月に審査のヤマ場となる基準地震動(Ss)が確定。地震・津波側審査の見解がおおむね取りまとめられ、10月からはプラント側審査が再開している。専任チームの組織によって審査の加速が期待できそうだ。今回のチーム見直しに伴い、BWR(沸騰水型軽水炉)担当は全5チーム中3チームとなり、審査体制の「BWRシフト」も進む形となる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事