2017年12月19日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

日本原電、東海第二の運転延長申請へ/地元首長に方針説明

2017/11/22  1面 

大井川知事(右)に対し、東海第二の運転期間延長認可申請を24日に行う意向を伝えた村松社長(左。21日、茨城県庁)
大井川知事(右)に対し、東海第二の運転期間延長認可申請を24日に行う意向を伝えた村松社長(左。21日、茨城県庁)
 日本原子力発電は21日、来年11月で営業運転開始から40年を迎える東海第二発電所(BWR、110万キロワット)について、24日に原子力規制委員会へ運転期間延長認可申請を行う方針を決めた。同日、村松衛社長が茨城県庁、東海村役場を訪れ、大井川和彦知事、山田修村長とそれぞれ面会し、延長認可申請を行う意向を伝えた。原子力プラントの運転期間は原則40年と定められているが、規制委の認可を受ければ1回に限り20年まで延長できる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事