2017年12月17日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]四国電力「よんでんグループふれあい月間」

2017/11/21  8面 

◆今年から1カ月展開/地域との絆、さらに深め
 四国電力は地域との絆を深めるため、1954年に「サービス旬間」を開始。以降、名称や時期を変更しつつ、社会貢献やふれあい活動の重点取り組み期間を毎年設けてきた。2004年度からは「よんでんグループふれあい旬間」として10月20~31日の12日間を活動期間としていたが、本年度から10月の1カ月間に期間を拡大した。本年度のキャッチフレーズは「これまでも これからも 暮らしの中に よんでんグループ」。四国各地で約650件の行事を実施した。競争が厳しさを増す中、地道に積み重ねてきた地域との対話・交流をさらに推進し、地域に根差した企業グループであるとアピールすることが、これまで以上に大きな意味を持つようになっている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事