2017年12月19日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

太陽光発電、VPPで余剰電力活用し給湯機に運転シフト/関電など

2017/11/20  1面 

 関西電力と武庫川女子大学大学院は17日、大阪市内に設けたZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)のモデル住宅で、太陽光発電予測とバーチャルパワープラント(VPP)の技術を活用した実証を開始したと発表した。翌日の気象予測に基づき太陽光発電量を予測。余剰電力が発生する場合はVPP技術を活用し、通常夜間に行うエコキュート(自然冷媒ヒートポンプ式給湯機)の沸き上げ運転の一部を昼間にシフトする。関電は今回の知見も生かし、VPP技術を活用した新サービスを検討していく。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事