2017年12月19日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

電線各社、電力関連事業に回復の兆し/利益生み出す体質へ

2017/11/16  4面 

◆設備投資、製品拡充で成果
 電線メーカーの電力ケーブル関連事業に回復の兆しが見え始めた。各社は2000年代に電力ケーブル事業を統合して3社に集約したものの業績が振るわず、ここ数年で合弁を解消して元のさやに収まる形で再々編した。意思決定が迅速化して思い思いの施策を打ち出しやすくなり、各社とも利益を生み出せる体質に整えている真っ最中だ。設備投資や特徴ある製品も拡販しており、その成果が徐々に表れてきた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事