2017年12月19日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

「チバニアン」誕生へ前進/候補選定投票をクリア

2017/11/16  5面 

中期更新世の基準値候補になった地層(千葉県市原市)。磁場逆転の時代をわかりやすくするため目印が打たれている
中期更新世の基準値候補になった地層(千葉県市原市)。磁場逆転の時代をわかりやすくするため目印が打たれている
 「ジュラ紀」や「白亜紀」といった地球の地質年代に日本の地名が初めて使われる可能性が高まってきた。中期更新世(約77万年前~約12万6千年前)の国際基準値を選ぶ国際学会の投票が12日に行われ、千葉県にある地層が候補地に選ばれたためだ。決定すればラテン語で千葉時代を意味する「チバニアン」との名称が中期更新世に付く。
 中期更新世の基準地選定に当たり、日本の研究グループは千葉県市原市の養老川沿いにある地…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事