2017年11月22日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

原子力「新増設」明示を/経団連、エネ政策で提言

2017/11/15  3面 

 日本経団連は14日、エネルギー政策に関する提言を公表した。ベースロード電源として重要な原子力発電は着実な再稼働を進めるとともに、運転期間60年への延長が望ましいと指摘。長期的な温暖化対策を考えると今後も一定規模の活用が不可欠として、リプレース・新増設を政府の施策に盛り込むことを求めた。再生可能エネルギーは、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)が需要家に過大な負担を課しているとして、2020年度までの抜本的な見直しを訴えた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事