2017年11月22日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

重電7社・17年度中間決算、3社で損益が改善

2017/11/13  4面 

◆大型案件の採算性管理が急務
 総合電機、機械・造船メーカー主要7社の2017年度中間連結決算が出そろった。日立製作所、三菱電機、IHIの3社で重電部門の損益が改善。特に日立製作所の社会・産業システム部門は送変電システム事業の採算改善もあり、大幅な増益だった。IHIも赤字幅が縮小したが、米国LNG(液化天然ガス)関連のEPC(設計・調達・建設)事業で費用増が顕在化し、V字回復はならなかった。各社は大型受注案件で採算を悪化させないために、今後もプロジェクト管理の徹底が求められる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事