2017年11月23日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

四国遍路、世界遺産登録実現へ高松でシンポジウム

2017/11/09  5面 

四国遍路保存・継承の必要性を訴える千葉会長

四国遍路保存・継承の必要性を訴える千葉会長

◆有識者が意見交換
 四国遍路の世界遺産登録実現を目指すシンポジウムがこのほど、高松市内で開かれた。主催は「四国八十八箇所霊場と遍路道」世界遺産登録推進協議会(会長=千葉昭・四国経済連合会会長)。前国連教育科学文化機関(ユネスコ)事務局長の松浦晃一郎氏が基調講演したほか、有識者によるパネル討論を行った。世界遺産登録には何が必要で、どのような戦略を取るべきかといった点に関して理解を深めた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事