2017年11月23日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

苫東コールセンター、海外炭受け入れが1億トンに

2017/11/08  3面 

北海道電力の石炭専用船「樽前山丸」からの荷揚げで累計1億トンを達成した

北海道電力の石炭専用船「樽前山丸」からの荷揚げで累計1億トンを達成した

◆電力安定供給の一翼担う
 北海道電力グループで海外炭の荷役を行う苫東コールセンター(北海道厚真町、脇千春社長)は2日、揚炭量が累計1億トンに達した。1985年1月の営業開始から32年余り、隣接する苫東厚真発電所向けを中心に、石炭運搬船の入出港に関する手続きから、荷揚げ、貯炭場への受け入れ、保管、払い出しまでの一連の業務を請け負い、電力安定供給の一翼を担ってきた。
 脇社長は「お客さま、荷役関係者、地域の皆さまの温かいご支援のたまものであり…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事