2017年11月18日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

VPPの在り方考察/次世代電力NW研究会・17年度シンポ

2017/10/26  2面 

新たなアグリケーションビジネスに期待を示す横山教授

新たなアグリケーションビジネスに期待を示す横山教授

◆東大・横山氏「構想から事業の段階へ」/東電、関電など登壇
 エネルギー総合工学研究所(白土良一理事長)が事務局を務める次世代電力ネットワーク研究会は25日、「2017年度シンポジウム」を東京大学・本郷キャンパスで開いた。「新しいアグリゲーションビジネス」をテーマに、VPP(仮想発電所)事業の最新動向を電力会社などが紹介した。冒頭、横山明彦・東大大学院教授は「15年ほど前、様々な分散電源を一つの大きな発電所のようにコントロールできれば、電力系統に貢献できるというアイデアが出たのを覚えている。いまや新ビジネスとして関心が高まり、時代は進んできたと感じている」と述べた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事