2017年11月18日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

JERA、マレーシアLNGとの契約を短期に変更

2017/10/26  1面 

◆調達量半減し250万トンに
 東京電力フュエル&パワー(F&P)と中部電力の合弁会社JERAは25日、国営のマレーシアLNG社との間でLNG(液化天然ガス)売買の基本合意を結んだと発表した。2018年から3年間、年最大約250万トンをマレーシアLNG社から購入する。同社から年最大480万トンを調達する既存の長期契約が17年度末で終了することに伴い、調達期間を短期に切り替え、調達量を減らす。既存契約に盛り込まれていた仕向け地条項についても見直しを行ったとみられる。
 JERAが東電と中部電力から承継した大型のLNG長期契約が今後数年の間に、相次いで期限切れを迎える。マレーシアに続いて19年にアラブ首長国連邦(UAE)、21年にはカタールの長期契約が終了する見通し。年数百万トン規模の大型契約終了にあわせて、ポートフォリオをどう組み替えるかが、JERAにとって重要な経営課題になっている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事