2017年11月18日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

福井エリア原子力防災協議会、大飯避難計画を確認

2017/10/26  1面 

◆高浜地域は改定
 内閣府や福井県、京都府、滋賀県などで構成する「福井エリア地域原子力防災協議会」が25日に都内で開かれ、関西電力大飯発電所の原子力災害を想定した住民避難計画が具体的・合理的であることを確認した。大飯発電所から半径30キロメートル圏内の住民15万9289人を対象に、避難先や移動手段などを定めた。半島や中山間地の放射線防護対策を具体化した点が特徴。既に策定している高浜地域の避難計画に関しては、防災訓練の成果などを反映し改定した。大飯、高浜発電所で同時に災害が発生した場合の考え方は今後議論する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事