2017年11月18日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

系統作業時の電源抑制量、公平な分担巡り意見二分/広域機関

2017/10/26  3面 

 電力広域的運営推進機関(広域機関)の有識者会合は25日、エリア内送電系統(地内系統)の作業停止で混雑が発生した場合を想定し、連系している電源の出力抑制ルールを議論した。発電事業者間で出力抑制量をどう分担するかの基準設定を巡り、「停止系統内の設備容量比率」と「事業者の規模比率」で委員の支持が割れた。発電事業者間で抑制量を売買する仕組みや、抑制対象電源の選定方法とともに継続議論となった。
 広域機関は…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事