2017年11月21日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

関電工が技術・技能競技大会/選手115人が課題に挑戦

2017/10/19  7面 

声を掛け合いながら効率的に作業を進める選手(架空配電部門の競技)

声を掛け合いながら効率的に作業を進める選手(架空配電部門の競技)

 関電工は18日、2017年度技術・技能競技大会を茨城県牛久市の同社人材育成センターで開催した。今年度のテーマは「技術の深化・技能の継承~明日の技術で未来を灯す~」。内線、情報通信、架空配電、地中配電の4部門で技能競技を行い、計115人の選手たちが日頃鍛えた技を競い合った。同社が保有する様々な最新技術の実演や展示も実施。会場には関係者や取引先、学校関係者など約3500人が訪れた。
 開会式で森戸義美社長は、「電力の安定供給を支え、お客さま設備をつくり、守るのは社会的使命であることはもちろん、関電工のDNAでもある。我々が日頃目指している姿を…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事