2017年11月21日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

九州電力が福岡市科学館に出展/電気の道のりを紹介

2017/10/18  5面 

連携スクエアの九州電力ブース。見て触って楽しめるように展示を工夫している

連携スクエアの九州電力ブース。見て触って楽しめるように展示を工夫している

◆地元企業の技術を体感
 1日オープンした福岡市科学館(福岡市)に、九州電力は地元企業の技術などを紹介する連携スクエアに出展している。電気が生まれてから届くまでをイラストや映像で紹介している。ブースの至る所に子どもの好奇心を刺激する仕掛けが施されているのが特長だ。見たり触ったりして、楽しみながら各発電方法のメリットとデメリットなどを学ぶことができる。
 ブースには子どもの目線の高さにのぞき穴を数カ所設置。中をのぞくと火力や原子力といった発電所の内部を紹介する1分程度の映像が流れてくる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事