2017年11月21日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

東電PG志木支社・荻窪支社、OFケーブル事故想定し消防訓練

2017/10/17  7面 

洞道火災発生時の一連の対応を確認した

 洞道火災発生時の一連の対応を確認した

◆洞道火災の対応など確認
 東京電力パワーグリッド(PG)志木支社(島田敏彦支社長)と荻窪支社(石川佳英支社長)はこのほど、昨年10月に埼玉県新座市で発生した地中ケーブル火災を踏まえた消防訓練を同県和光市内で実施した。訓練は今月6日、埼玉県南西部消防本部と和光消防署と共同で実施。東電PGから36人、消防から24人が参加し、洞道火災発生時の社内外の迅速な情報共有や社員の現場急行、消防が効果的な消火活動を行うための現場対応措置などを確認した。昨年の火災から得た教訓への対応として、現地映像伝送システムを使った現場状況の把握も行った。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事