2017年10月21日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

運開110年の関西電力・越方水力、18年ぶり分解点検

2017/10/13  2面 

作業前半のヤマ場となったローターの吊り出し作業

作業前半のヤマ場となったローターの吊り出し作業

◆慎重作業で無事終了

 関西電力は、越方発電所(和歌山県日高川町、5240キロワット)の分解点検を進めている。同発電所では18年ぶりの分解点検で、パッキンといった消耗品類を交換するとともに、土砂などによる摩耗が進む主軸スリーブの修理も行う。今月10日に作業前半のヤマ場となるローターの吊り出し作業を行い、無事に完了した。分解点検後は組み立てや様々な試験を実施し、2018年3月下旬の運転再開を目指して…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事