2017年12月18日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]火力発電総合

2017/10/12  7面 

◆未来へつなぐ技術・知見・人/競争本格化、さらなる進化へ
 東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故以降、火力発電は国内の電力安定供給を支えてきた。同時に、電力システム改革の進展、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)開始による太陽光発電などによって、電力系統に接続する電源は多様化しており、その分だけ火力発電に求められる役割と事業環境はより複雑化している。本紙では、きょう12日に仙台市で開催する「火力原子力発電大会」に合わせ、火力原子力発電技術協会の佐野敏弘会長(東京電力フュエル&パワー会長)をはじめとする4氏に、今後の火力発電の役割と課題をテーマに、国内外での展望を語ってもらった。さらに、電力10社とJパワー(電源開発)の火力発電の現状、競争力向上や技術継承などへの取り組み状況などについてまとめた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事