2017年12月17日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

容量市場、未達分は電源入札で補填/広域機関が関係整理

2017/10/05  3面 

 電力広域的運営推進機関(広域機関)は4日の有識者検討会で、2020年度の供給力入札開始を目指す容量市場と電源入札の関係を整理した。事務局は容量市場で必要供給力を確保できなかった場合に電源入札を行うことを提案。主に容量市場と電源入札で、国全体で必要な供給力を確保する方針を示した。容量市場の落札電源は電源入札に参加できないことなどを定めた要件のイメージも提示し、事業者が自社に優位な市場を選択できない制度設計が重要との認識を示した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事