2017年12月17日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

関西電力、堺港発電所に定検間隔延伸を適用/最長6年間に

2017/10/04  1面 

 関西電力の堺港発電所(LNG、200万キロワット)が、定期検査時期を6年間まで延伸できる制度の適用を国から認められた。ルールの明文化やこれまで行ってきた設備の先進的な状態監視などが、高度な運転管理として評価された。定検期間の延伸は、修繕費の低減や設備運用の柔軟化といったメリットがある。関電火力事業本部保全グループの橋本和也チーフマネジャーは、「高度な運転管理を培っていけば、他の事業者に提供していくことも可能になる」と話している。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事