2017年12月17日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

Kenesなど出資の石炭火力、仙台で運開/首都圏向けに活用

2017/10/03  1面 

 関電エネルギーソリューション(Kenes)と伊藤忠商事系のエネクス電力が出資する仙台パワーステーション(東京都港区、松村幹雄社長)は1日、仙台市に建設していた火力発電所「仙台パワーステーション」(石炭、11万2千キロワット)が営業運転を開始したと発表した。関電グループの電源としては50ヘルツ地域初となる石炭火力で、発電した電気はKenesや伊藤忠エネクスに売電し、首都圏で活用するとみられる。石炭の年間使用量は約32万トンを見込む。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事