2017年10月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

日本海環境サービス、水力安定供給を側面支援

2017/10/02  5面 

水力の安定運転へ除塵機で回収したごみの確実な処理を進めている

水力の安定運転へ除塵機で回収したごみの確実な処理を進めている

◆流木・ごみ処理、確実に
 北陸電力は水力発電比率が23%(2016年度の発電電力量構成比)と高い。志賀原子力発電所が長期停止する今、水力は重要な供給力だ。この水力発電所の安定運転を支えているのがグループ企業の日本海環境サービス(富山市、近谷雅人社長)。水力発電設備へ流れ着く流木や枝葉といったごみ処理業務に万全を期しているからだ。近谷社長は「水力設備の正常な稼働に向けて処理業務を確実に遂行する」と意気込み、電力安定供給を側面支援する構えだ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事