2017年10月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

関西電力和歌山電力部、南海トラフ想定し訓練

2017/09/28  9面 

情報共有を緊密に行い状況の把握に努めた

情報共有を緊密に行い状況の把握に努めた

◆送電再開への過程確認
 関西電力和歌山電力部(冨岡洋光部長)は、南海トラフ地震を想定した復旧訓練を実施した。地震により変電所の施設が損壊したとの想定で、地震発生時の初動対応から変電所内の電源確保、送電の再開まで一連の過程を確認することが目的だ。従来は変電所の所内電源を確保するまでの手順を確認していたが、早期に送電を再開することを想定した訓練は今回が初めてとなった。
 訓練には基幹系統給電所、和歌…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事