2017年10月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

フォト

戊辰戦争150周年、配電用地上機器でPR/東北電力会津若松支社

2017/09/27  11面 

観光案内がラッピングされた配電用地上機器

観光案内がラッピングされた配電用地上機器

 来年は戊辰(ぼしん)戦争から150周年を迎える節目の年。白虎隊の悲劇で知られる福島県会津若松市では、官民挙げて観光振興につなげようと様々な取り組みが検討されている。東北電力会津若松支社(千葉正宏支社長)も地域の一員として、この動きに協力する。市内の配電用地上機器に市街地地図のラッピングや、観光スポットへの道順を示した電柱広告を設置。9月上旬から使用を開始した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事