2017年10月23日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

太陽光発電の遠隔出力制御を実証/九州保安協

2017/09/26  9面 

訓練は職員と開発に協力したメーカー・ソフト開発会社が参加して実施された

訓練は職員と開発に協力したメーカー・ソフト開発会社が参加して実施された

◆PCSの動作確認
 九州電気保安協会(大島洋理事長)はこのほど、太陽光発電設備の出力制御を想定し、遠隔操作システムの実証試験を実施した。同システムは、定格出力500キロワット以上の太陽光を対象に、年間30日まで無補償で出力が抑制される(旧ルール)事業者向けに今年3月、開発したもの。九州本土では需給状況によっては、今秋にも初めて出力制御が実施される可能性が高まっている。こうしたことから、対象となる…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事