2017年10月24日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

三菱電機、電力損失が世界最小のSiCパワー半導体を開発

2017/09/25  4面 

 三菱電機は22日、世界で最も電力損失が少なく高い信頼性も併せ持つ炭化ケイ素(SiC)パワー半導体素子を開発したと発表した。一般的なSiC素子は電気抵抗が低いので熱を持ちにくく、通常時は壊れにくい。だが異常時には大電流が流れてしまう。壊れるのを防ぐため、パワー半導体モジュールに組み込む時はあえて抵抗を高めるなどしていた。新開発したSiC素子は抵抗を低くしながらも、過剰な電気が流れたら抵抗を高めるよう…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事