2017年10月24日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]北陸電力・水力発電量を拡大

2017/09/20  9面 

◆供給力確保、経済性で存在感
 北陸電力は、グループ企業などとともに水力の発電電力量拡大の取り組みを進めている。もともと北陸地域は水資源が豊かで、同社の水力発電比率は23%(2016年度実績、発電電力量構成比)と全国一高いが、志賀原子力発電所が長期停止する中、供給力確保、発電の経済性の面から存在感が増している。17年度には、一層の発電電力量拡大を掲げた新たな中長期目標が設定された。橋本学・土木部水力・新エネ室長のインタビューとともに、目標に挑む水力部門の取り組みを紹介する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事