2017年9月26日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

女川安全対策工事、18年度後半完了へ着々と/FV設備など公開

2017/09/15  2面 

  タービン建屋内に仮置きされるフィルターベント装置の一部

タービン建屋内に仮置きされるフィルターベント装置の一部

 東北電力は14日、女川原子力発電所の安全対策工事の実施状況を報道陣に公開した。防潮堤は、約680メートルの鋼管式鉛直壁の設置と約120メートルのセメント改良土による全長800メートルの堤防の設置がほぼ完了。原子炉格納容器の圧力を逃がすフィルターベント(FV)の主要装置は搬入が完了し、現在据え付けに向けた準備工事を行っている。2018年度後半完了を目指し、同社の安全対策工事は着実な進展をみせる。
 …



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事