2017年11月20日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

架空送電線5カ年計画工事量、鉄塔・架線とも3割増

2017/09/12  7面 

◆増加傾向が鮮明に
 送電線建設技術研究会(理事長=岩瀬俊男・岳南建設会長)が取りまとめた「架空送電線5カ年(2017~21年度)計画工事量調査報告書」によると、年平均で鉄塔工事数量は約1800基、電線工事数量は約1300キロメートルとなった。特に鉄塔工事が前回調査(16~20年度)と比べ、約200基増加した。12~16年度の過去5年間の実績と比較すると、鉄塔工事は33%増、架線工事は30%増。近年では高水準で、工事量…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事