2017年11月20日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

規制委安全審査、規制委が再度東通の断層データ拡充を要求

2017/09/11  2面 

◆11月に「m―a」断層を現地調査
 原子力規制委員会は8日の第506回審査会合で、東北電力東通原子力発電所、日本原子力発電東海第二発電所を取り上げた。東通は重要施設直下にある「f―1」断層の評価が議題。敷地内を走る断層のうち「f―1」との関わりが深い「F―10」断層を東北電力が取り上げ、両断層の分布や新旧関係から形成過程を説明したが、規制委から論拠の補強などを求められ継続審議となった。また、同じく懸案となっていた敷地内の「m―a」断層について、11月中に現地調査を行うことが決まった。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事