2017年9月26日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

東海第二、安全審査で防潮壁止水性能を説明

2017/09/06  2面 

◆規制委、データの拡充要求
 原子力規制委員会は5日の第504回審査会合で、日本原子力発電東海第二発電所を取り上げた。審査の懸案である防潮堤を構成する「鋼管杭鉄筋コンクリート防潮壁」の構造成立性などを議論。壁の性能を左右する上部工について、原電が評価結果を示した。原電は地震・津波が起きても弾性状態が確保され、3.5メートルの壁厚によって「止水性能は保持される」と説明。一方、規制委はデータ不足などを指摘し、審議は継続となった。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事