2017年11月20日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

電力ケーブルの不具合を診断器1台で測定

2017/09/05  4面 

電力ケーブルの不具合を活線下で確かめられる測定器。パソコンと接続し測定データの利活用も可能だ

電力ケーブルの不具合を活線下で確かめられる測定器。パソコンと接続し測定データの利活用も可能だ

◆フジクラ・ダイヤケーブル、9月末に新製品発売
 フジクラと三菱電線工業の産業用電線合弁会社フジクラ・ダイヤケーブル(FDC、東京都中央区、久下忠利社長)は、電気が流れた状態で電力ケーブルの不具合を見つけられる新製品を9月末に発売する。電線の被覆(シース)にできた亀裂や電線に巻いてある銅テープ(遮蔽層)の破れを1台の機器でスムーズに判定可能だ。新製品を用いれば、これらの不具合で引き起こされる電力ケーブルの絶縁破壊や火災を未然に防げる。新製品は電力…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事