2017年11月20日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

関西電力・豊松副社長、福井県に大飯の審査進捗を報告

2017/09/05  2面 

藤田副知事(右)に新規制基準の適合性審査や中間貯蔵施設の状況について説明する豊松副社長

藤田副知事(右)に新規制基準の適合性審査や中間貯蔵施設の状況について説明する豊松副社長

◆県側、中間貯蔵など3点要望
 関西電力の豊松秀己副社長・原子力事業本部長は4日、福井県の藤田穣副知事と県庁で会見し、大飯発電所3、4号機の安全審査の状況を報告した。豊松副社長は、大飯3、4号機が原子力規制委員会から1日に保安規定変更認可を受け、新規制基準適合性審査が完了したことに言及。「今後は最終的な手続きとなる使用前検査を受検するが、安全確保に万全を期したい」と話した。藤田副知事は、関電に(1)プラントの安全…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事