2017年11月18日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

液化CO2で地盤凍結/鹿島、温室効果ガス排出量を半減

2017/08/31  11面 

シールドマシンとJ字型放水菅の接続イメージ

シールドマシンとJ字型放水菅の接続イメージ

◆北海道電力・石狩湾新港発電所1号機の建設工事へ適用
 鹿島はこのほど、液化二酸化炭素(CO2)を冷却液に使用した新たな地盤凍結工法を、新設中の北海道電力石狩湾新港発電所1号機(LNG)の土木工事に適用した。同工法の建設工事への適用は初めて。従来の塩化カルシウムを用いた凍結工法に比べて冷却液の循環に必要なエネルギーを大幅に削減。温室効果ガス排出量も半減できることが分かった。
 地盤凍結工法はシールド施工を安全かつ正確に行うための止水・地盤改良に使われる…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事