2017年9月26日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電力・エネルギー

18年度の調整力公募、必要量は最大電力の7%/広域機関

2017/08/28  3面 

◆17年度から据え置き
 電力広域的運営推進機関(広域機関)は25日の有識者委員会で、一般送配電事業者が2018年度に活用する調整力「電源Ⅰ」の必要量案を示した。17年度と同様、沖縄を除く9エリアで最大3日平均電力(H3)の7%とした。数値は大筋で了承された。小売電気事業者が確保している電源の余力を活用する「電源Ⅱ」の活用状況が十分に分析できていないことや、今年4月から現在までの実績で電源Ⅰが不足し…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事