2017年11月20日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

イノシシなどの捕獲わなにIoTを活用/STNetが監視効率化実験

2017/08/22  4面 

 STNet(高松市、溝渕俊寛社長)は21日、イノシシなどを捕獲するわなをIoT(モノのインターネット)を活用して監視する装置のフィールド実験を四国内の2カ所で開始したと発表した。箱わな(捕獲おり)の扉が落ちると写真を撮影し、モバイル回線を通じてメールで通知する仕組み。山間部のわなを見回る手間を軽減できるメリットがある。
 フィールド実験は高松市で7月中旬から、高知県南国市で8月初旬から行われている…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事