2017年9月26日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

ICT機器で熱中症予防/中部電力

2017/08/22  9面 

実証した腕時計型のICT機器

   実証した腕時計型のICT機器

◆現場導入へ実証・分析開始
 中部電力は、配電現場で働く作業員の熱中症、けが予防に向けた実証・分析を進めている。ICT機器を活用し、体の姿勢や熱ストレス、心拍数などのデータを収集。熱中症の恐れがあると機器が判断した際は現場管理者に警告が伝わり、作業員に休憩を促すなどの対応を取る。実証は新入社員を対象に約5週間行われ、3種の機器を検証した。今後はICT機器を導入した際の費用対効果の検証、必要な機能の見極めなどを行い、早期の現場導…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事