2017年9月26日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

東北電力、東新潟火力B線で初の4導体張替/費用、工期を圧縮

2017/08/15  7面 

コスト低減、工期短縮を意識して進められる東新潟火力B線電線張替工事

コスト低減、工期短縮を意識して進められる東新潟火力B線電線張替工事

 東北電力送変電建設センター(小野秀児所長)は現在、同社としては初となる、4導体送電線の大規模な張り替え工事を進めている。現場は3月に着工した「東新潟火力B線電線張替工事」。コスト低減や工期短縮、安全面に配慮した工法を採用し、2022年1月の完成を目指している。
 東新潟火力B線は27万5千V送電線で、同社東新潟火力発電所(新潟県聖籠町)から越後開閉所(新潟県新発田市)まで、亘長は約27キロメートル…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事