2017年9月24日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電力・エネルギー

「火力さん」に頼りすぎ警鐘/電事連がレスラー起用の新動画

2017/08/14  3面 

 プロレスラーの関本さん扮する「火力さん」

プロレスラーの関本さん扮する「火力さん」

 みんな火力発電に頼りすぎ――。

 電気事業連合会がインターネット上で配信している、火力発電を擬人化した動画が人気だ。筋肉隆々のたくましい「火力さん」が様々な頼まれ事を引き受け、困惑している様子が描かれている。火力依存度が8割と高い日本のエネルギー事情をインパクトのある動画で表現し、バランスの取れた電源構成の重要性を訴える。

 「お願い! 火力さん」と題した動画を7月27日から公開している。火力がフル稼働する夏本番に合わせて、関心を喚起するのが狙いだ。

 大日本プロレスに所属する人気レスラー、関本大介さん扮(ふん)する「火力さん」が授業の代理出席や家事・育児、仕事の失敗の身代わりなど、周囲の頼みごとを押し付けられて困惑。「頼りすぎじゃない?」とメッセージを表示し、火力発電比率が81%(2016年度)と高い日本の現状に警鐘を鳴らす。

 プロレスファンなど、業界関係者以外からも関心を集めた。動画公開を知らせるツイッターが拡散し、48秒間の全編動画の再生回数は約5千回に達した。ツイッターに掲載した6秒間の短縮版の再生回数は1万7千回。

 電事連の担当者は「日本のエネルギー問題を『自分ごと』として捉えて頂けるよう工夫した。エネルギーミックスの重要性を少しでも感じて頂ければ」と話している。

 「お願い! 火力さん」の動画はこちらから。
 https://youtu.be/M2-Bp42hBEM



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事