2017年9月24日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

安全審査/玄海、大飯へのMAAP導入計画を説明

2017/08/09  2面 

◆運転訓練設備強化へ
 原子力規制委員会は8日の第494回審査会合で、九州電力玄海原子力発電所3、4号機、関西電力大飯発電所3、4号機を取り上げた。両機とも既に原子炉設置変更許可が下りているため、保安規定変更認可が議題となり、6月27日に行われた審査会合での指摘事項について回答。両社の共通事項として米国のシビアアクシデント解析コード「MAAP」を、運転シミュレーターに導入する計画について説明を行い、規制委側からおおむね異論は出なかった。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事