2017年8月18日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

東海第二安全審査、火山・外部火災を討議

2017/08/04  2面 

◆大飯、玄海工認は議論継続
 原子力規制委員会は3日開いた第492回審査会合で、東京電力柏崎刈羽原子力発電所6、7号機、日本原子力発電東海第二発電所を取り上げた。柏崎刈羽6、7号機は、全交流電源喪失時での非常用直流電源系の信頼性について東電が説明。東海第二の審査では、火山、外部火災といった外部からの衝撃による損傷の防止について議論した。関西電力大飯発電所3、4号機、九州電力玄海原子力発電所3、4号機の工事計画認可(工認)申請の対応状況に関する合同審査も行われた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事