2017年8月18日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

関西電力、美浜1号機の系統除染作業を開始

2017/08/02  1面 

美浜1号機の原子炉格納容器内に設置された系統除染装置

美浜1号機の原子炉格納容器内に設置された系統除染装置

◆廃止措置が本格化へ
 関西電力は1日、廃止措置計画が認可された美浜発電所1号機で、放射性物質を含む1次冷却系統の配管などの系統除染に着手した。廃止措置に伴うPWR(加圧水型軽水炉)の系統除染は国内初の試み。今後、1カ月間程度をかけて放射性物質を除去する。美浜2号機についても11月頃から系統除染を開始する見込み。美浜1、2号機の廃止措置が本格化することになる。
 系統除染は廃止措置の第1段階である解体準備期間中に行う作業で、廃止措置に従事する作業者の被ばく量低減が目的。1次冷却系統や化学・体積制御系統、余熱除去系統の放射性物質を除去するための薬剤を配管に注入。既設ポンプを用いて薬剤を循環させて、放射性物質を30分の1程度に除去することを目指す。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事