2017年10月23日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

IRID、圧力抑制室の脚部補強技術確立へ模擬試験

2017/08/01  2面 

遠隔で行われた施工状況の確認

   遠隔で行われた施工状況の確認

◆遠隔施工、強度を確認
 国際廃炉研究開発機構(IRID)と日立GEニュークリア・エナジー(茨城県日立市、久米正社長)は31日、東京電力福島第一原子力発電所の溶融燃料(燃料デブリ)取り出しに向けた「圧力抑制室脚部補強技術」の試験を福島県楢葉町で実施した。モルタル系の材料で、圧力抑制室の脚部を補強する技術を確立することが狙い。試験を通じて、作業や施工状況の監視を遠隔で実施できることを確認した。
 楢葉町にある日本原子力研究開発機構の楢葉遠隔技術開発センターで試験を実施した。試験は原子炉建屋の一部を模擬した実規模試験体に補強材を打設する内容で、報道陣にも公開した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事