2017年10月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

安全性向上評価、川内1対象に初会合/規制委

2017/08/01  2面 

◆届け出内容の充実求める
 原子力規制委員会は31日、「実用発電用原子炉の安全性向上評価の継続的な改善に係る会合」を初めて開催した。原子炉等規制法に基づき、九州電力が川内原子力発電所1号機の「安全性向上評価」の届出書を規制委に提出したことを踏まえて開いた。事業者と規制委の双方にとって初めての取り組みであることから、制度の運用について事業者と共通認識を形成する狙いがある。原子力規制庁から九州電力に対し、届出書の内容を充実させるよう求める指摘があった。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事